当日にしなければならない手続き(旧居) (その5)

明け渡しと鍵の返却

 貸主、または管理会社の人との部屋の明け渡しですが、この時に、通常の生活での「自然損耗」なのか、 こちらの不注意による損耗なのかを、はっきりとさせておく必要があります。 急いでいたり面倒くさがって、いい加減にこちらの不注意による損耗だと認めてしまうと、 後から多額な修繕費を請求されてしまうかもしれません。気をつけましょう。
 これが、済んだら預かった鍵を、全て返却して終了です。



サイトMENU

Copyright (C) 2010 面倒な引越しでも、少しずつ準備をすれば大丈夫. All Rights Reserved.